独立行政法人 労働者健康安全機構 長崎産業保健総合支援センター

治療と仕事の両立支援

治療と仕事の両立支援について
病気を抱えながらも、働き意欲・能力のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく、また、治療の必要性を理由として仕事の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら生き生きと働き続ける社会を目指す取り組みです。
*両立支援の対象となる病気はがん、脳卒中、糖尿病、難病、若年性痴呆症など継続して治療が必要な慢性的な病気です。
もしも「サラリーマン金太郎」が中小企業の社長だったら...
 

ARROW 長崎産業保健総合支援センターの支援内容

患者(労働者) 、事業者、人事労務担当者、産業保健スタッフ等を対象に以下のような支援を行っています。
① 事業主に対する啓発セミナー
ガイドラインの等の普及・啓発を目的とした事業者に対するセミナーです。
② 管理監督者向けの両立支援教育
③ 事業場への個別訪問支援
両立支援促進員が事業場を訪問し、両立支援に関する制度の導入についてアドバイスします。
  • ① 事業場内体制整備
  • ② 事業場の勤務や休暇制度の整備
  • ③ 両立支援に係る情報提供等
④ 両立支援に関する相談
患者(労働者) に係る健康管理、就業上の配慮事項、両立支援を行うための職場の環境整備 (事業場の体制づくり、規程・制度の整備) への配慮等の両立支援に関する全般的な相談に対応します。
⑤ 患者(労働者) と事業場との個別調整支援
患者(労働者) と事業場間の仕事と治療の両立についてアドバイスします。
  • ① 患者(労働者) の治療に対する配慮の検討
  • ② 両立支援の進め方
  • ③ 両立支援プランの作成
  • ④ 職場復帰支援プランの作成
  • ⑤ 主治医などへの相談
  • ⑥ 就業上の措置についての検討等
治療と仕事の両立支援の申し込み
※ご利用の際は、事前申し込みが必要です。
※患者(労働者) と事業場との個別調整支援では、患者(労働者) ご本人の同意が必要です。
 

ARROW 両立支援窓口

労災病院の治療就労両立支援センターや治療就労両立支援部においては、研究によって得られた知見・その他研究成果等を踏まえ、患者の医療情報や職業情報等の収集・整理を行う「両立支援コーディネーター」を中心として、医師や看護師等の医療スタッフで構成されたチームによる支援を行っています。
 

ARROW 両立支援(出張)窓口

両立支援促進員が当センターと契約している病院に出張し、両立支援に関する相談に応じています。患者(労働者) ご本人の同意があれば、患者(労働者) と事業場との間の調整(個別調整支援)にも応じます。
詳細はこちらをご覧ください。
 

ARROW がん相談支援センター(がん診療連携拠点病院)

がん診療連携拠点病院に設置されている「がん相談窓口」のことで、がん専門相談員(看護師、医療ソーシャルワーカーなど)が対応します。がん以外の病気の相談も可能です。
  • がん診療拠点病院の詳細はこちら NewWindow
    (がん診療連携拠点病院などを探す)
 

ARROW 治療と仕事の両立支援ポータルサイト

労働者ご本人及びそのご家族や、事業者、医療従事者、産業保健スタッフ、両立支援コーディネーター等それぞれの立場で知りたい情報がわかりやすく検索できます。
治療と仕事の両立支援
https://www.ryoritsushien.johas.go.jp/ NewWindow
 

ARROW 関連リンク

厚生労働省
治療と仕事の両立支援ナビ
国立がん研究センター「がん情報サービス」
ページのトップへ戻る